<strike id="r7lz9"></strike>

        <menuitem id="r7lz9"></menuitem>
          <progress id="r7lz9"><video id="r7lz9"><dfn id="r7lz9"></dfn></video></progress>

                <rp id="r7lz9"></rp>

                <strike id="r7lz9"></strike><mark id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></mark>

                <dl id="r7lz9"><noframes id="r7lz9"><ruby id="r7lz9"></ruby><menuitem id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></menuitem>
                日本新聞information

                首頁 > 日語專題 > 日本新聞

                日語勵志短文閱讀:做事的優先順序

                發布時間:2017年06月22日 14:45:26 來源:日語培訓

                    想要學習好每一門語言都少不了多的閱讀量,在閱讀的過程中會大幅度的提高你的口語和語感。今天成都日語培訓中心為大家總匯了日語勵志短文閱讀。希望能夠幫助到大家。

                  やるべきことの先位

                  がすぐにパニックになる人は、自分がその々に、まず、何をやるべきかを的に把握していない合が多い。やるべきことがの中で秩序にひしめき合い、何もかもいやになってしまうのだ。そのような人は、やるべき事のリストを作るとよい。やパソコンの畫面に「やるべきこと」をき出していくのだ。き出してしまったら、次に、どこから先にやるかを考え、先位をめていく。また、「やるべきこと?が新たに生したら、リストをながらその番をめ、入する。

                  これだけでも、相當にの中が整理される。それは精神的にもいい。というのも、の中の混亂は、私たちのこころに暗の注意を求めけるからだ。精神的に混亂をきたした人は、物事をうまく整理することができず、それが生活のあらゆる域に及んでいくことがよくある。に、幾面になることをめるつもりはないが、心にな擔をかけないためにも、物事を整理する方法を會得していた方が明だろう。

                  整理することにれてくると、以前はとてもで自分にはできそうにないと思っていたことも、意外とスムズにできるようになる。(翻譯此句)

                 ?。?/p>

                  ひしめく:自五 擁擠 吵嚷

                  會得する:(えとく)他サ 掌握 領會

                  做事的優先順序

                  遇到事情便大腦一片空白的人,經常不能準確的把握自己在那個時候應該先做什么后做什么。大腦里要做的事情雜亂無章的話,就會變得對任何事情都提不起興趣。那樣的人最好在做事之前把該做的諸多事情列個清單。

                  先在紙上或電腦上,把該做的事情列出來。列完之后,好好地考慮一下,哪些事情亟待解決,哪些事情可以稍后再做,然后依次列出順序。之后,如果又有新的事情要做的話,就參照著做好的清單,把它插進去。

                  這樣一來,大腦就被徹底的整理了一遍。這樣做,對我們的精神狀態也大有好處。因為大腦一旦混亂,我們就會變得無精打采。內心混亂的人,無法處理好身邊的事物,甚至會影響到生活的各方各面。當然并不是讓大家變得呆板刻薄,只是覺得,不要給自己的身心憑添無益的負擔,掌握一些處理問題的方法,是一個明智之舉。

                  如果你養成了這樣整理事物的習慣,以前覺得雜亂無章自己無法處理的事情,也許就會以外地迎刃而解。


                日本按摩高潮A级中文片

                  <strike id="r7lz9"></strike>

                      <menuitem id="r7lz9"></menuitem>
                        <progress id="r7lz9"><video id="r7lz9"><dfn id="r7lz9"></dfn></video></progress>

                              <rp id="r7lz9"></rp>

                              <strike id="r7lz9"></strike><mark id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></mark>

                              <dl id="r7lz9"><noframes id="r7lz9"><ruby id="r7lz9"></ruby><menuitem id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></menuitem>