<strike id="r7lz9"></strike>

        <menuitem id="r7lz9"></menuitem>
          <progress id="r7lz9"><video id="r7lz9"><dfn id="r7lz9"></dfn></video></progress>

                <rp id="r7lz9"></rp>

                <strike id="r7lz9"></strike><mark id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></mark>

                <dl id="r7lz9"><noframes id="r7lz9"><ruby id="r7lz9"></ruby><menuitem id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></menuitem>
                日語學習information

                首頁 > 日語專題 > 日語學習

                日語學習 | 11個最常出錯的日常敬語!

                發布時間:2017年10月16日 16:23:20 來源:日語培訓

                敬語如果用錯,反而會很失禮。

                今天成都外專外語日語培訓就給大家盤點了11個經常用錯的敬語,以供大家學習。


                1.×ご苦労様です

                ?お疲れ様です(辛苦了)

                另外「ご苦労」是對比自己等級低的人用的,平時還是說“お疲れ様です”比較好。


                2.×了解しました

                ?承知しました

                ?かしこまりました(我知道了)

                最好不要對長輩或上司用「問題ない」「構わない」。


                3.×特に問題ありません

                ?そのまま進めていただけたらと思います(我想照這樣做下去就很好)


                4.△確認しました

                ?拝見しました(我看過了)

                另外「拝見いたしました」和「拝見いたします」從形式上來看是雙重敬意,但日本人幾乎不這么用,可以認為是錯誤的表達。一般用“拝見しました”或者“拝見します”就行了。


                5.△~してください

                ?~して頂けると幸いです(如果您能……那將是我的榮幸)


                6.?ご擔當者様各位

                ?擔當者各位(各位負責人)

                “各位”已經有敬意在里邊了,就不需要再用“ご”和“様”了。


                7.△申し訳ありませんが、參加できません。

                ?お気持ち、ありがとうございます。ただ、あいにくですが、その日は都合がつきません。(謝謝您的邀請??墒钦娌粶惽?,那天我可能不太方便)

                如果只陳述自己去不了會給人一種冷淡的感覺。所以應該先感謝對方的邀請,然后再委婉拒絕。


                8.△確認をお願いします。

                ?ご査収ください。(請查收)


                9.?社長がおっしゃられています

                ?社長がおっしゃっています(總經理這樣說的)


                10.×先輩がお帰りになられました

                ○先輩がお帰りになりました

                ○先輩が帰られました(前輩回去了)


                11.?うかがわせていただきます

                ?うかがいます(我前去拜訪)


                日本按摩高潮A级中文片

                  <strike id="r7lz9"></strike>

                      <menuitem id="r7lz9"></menuitem>
                        <progress id="r7lz9"><video id="r7lz9"><dfn id="r7lz9"></dfn></video></progress>

                              <rp id="r7lz9"></rp>

                              <strike id="r7lz9"></strike><mark id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></mark>

                              <dl id="r7lz9"><noframes id="r7lz9"><ruby id="r7lz9"></ruby><menuitem id="r7lz9"><th id="r7lz9"></th></menuitem>